2019年 4月 22日 (月)

渋谷ハロウィン暴徒は「メディアが生んだ」 カンニング竹山ぶつけた「正論」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京・渋谷でハロウィンに際して一部の人々が「暴徒化」した問題に批判が渦巻く中、お笑いタレントのカンニング竹山さんは「この状況を生んだのは我々メディアだ」と釘を刺すように持論を展開した。

   竹山さんは2018年10月29日の「ビビット」(TBS系)に出演。無関係な軽トラックが集団に取り囲まれ、横転させられた事件についても言及する場面があった。

  • カンニング竹山さん
    カンニング竹山さん

「初日の出暴走」あおったのと同じ構図?

   10月最後の週末となる27日夜、渋谷は仮装した人々であふれるとともに、問題行動も確認された。路上に大量のゴミが捨てられ、暴行・盗撮・痴漢の疑いで逮捕者も複数人出ている。

   竹山さんは「ビビット」で、「日本の『ジャパニーズハロウィン』はただの仮装フェスティバルだから目的がない。よくわからないまま仮装することが楽しいし、騒ぎたくてみんなでインスタグラム(にアップするための写真)を撮りたいとか、目的がわからない祭りになっている」と示すと、

「考えないといけないのは、ここ5年くらいでこの状況を生んだのは我々メディアだということ。これは止まらないですよ、楽しいから」

と、お祭り騒ぎを例年伝えてきたメディアの責任に言及した。

   そこで被害の拡大を防ぐ対策として提案したのは、その「逆」だった。

「騒いでいた人は、我々が煽ってきた当時は中学生くらいだったと思います。それが大人や大学生になってみんなで楽しめる、といってこうなった。だから、逆に今から5年くらいかけて『こういうのはダサいよ、ダメだよ』というカルチャーを我々メディアで作っていかないといけない」

   竹山さんは1989年ごろから流行した「初日の出暴走」の事例を挙げている。

「かつて正月に初日の出暴走が流行りました。メディアでバンバン煽ってましたよね。また暴走族が~と。でも今は昔よりやらなくなりました。なぜなら『ダサい』から。(同様に)今の小中学生にもわかるように、こういうのはダサいんだよというのを作っていかないといけいない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中