2019年 4月 25日 (木)

スラムダンクでたとえると? NBA渡辺雄太、湘北メンバーなら誰に近い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年10月27日、日本人2人目のNBAプレイヤーが誕生した。グリズリーズの渡辺雄太選手は、対サンズ戦の第4Q残り4分31秒から出場。2004年の田臥勇太氏(サンズ)以来、日本人選手として14年ぶりにNBAのコートに立った。

   身長2メートル6センチ、体重93キロ、スラリと伸びた体型に切れ長の目。バスケットボールファンのみならず、渡辺選手の風貌を伝説のバスケ漫画「スラムダンク」の流川楓と重ね合わせた人は少なくないだろう。

   NBAでのポジションも流川と同じスモールフォワード(SF)で、まさに実写版、流川楓といったところだ。

   だが、渡辺選手の経歴をひも解くと、いきなり流川楓になったわけではない。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「宮城リョータ」から始まった

   小学1年生でバスケットボールを始めた渡辺選手の身長は当初、普通の小学生並だった。中学1年の時は160センチほどで、平均よりも高いものの、決して人目を惹くほどの高さではない。

   中学3年になると、急激に身長が伸びたが、それでもまだ180センチほどで、中学生ともなると、全国的な選手で190センチを超える選手は少なくない。

   だが、このように年を追うごとに身長が伸びていったことが、後の渡辺選手が大きな財産を得る大きな要因となった。

   平均的な体格だった小学生時代は、大柄な選手に対抗するためスピードとドリブル、そしてシュートのスキルトレーニングに徹した。ポジションでいえばポイントガード(PG)で、スラムダンクの宮城リョータを想像してほしい。

   また、NBAデビュー戦で披露したフリースローに見られるように、正確なシュートが持ち味のひとつで、三井寿ばりのスリーポイントシュートも大きな武器となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中