2018年 11月 18日 (日)

篠田麻里子、「声優」としてもイケてる? 7年前には「セリフが棒読み」と言われたが...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元AKB48でタレントの篠田麻里子さん(32)について、NHKで放送されるアニメで声優を担当することが発表され、話題になっている。

   篠田さんが出演するのはNHKの「アニ×パラ」枠で放送される、漫画家・秋本治さん原作の「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の新作アニメ。同枠ではパラスポーツ界で活躍する選手を描くアニメが放送されるが、篠田さんが出演する同作では、主人公の両津勘吉らが、視覚障害者のパラスポーツ「ゴールボール」に挑戦する姿が描かれ、篠田さんはゴールボール日本代表のキャラを演じるという。

  • 篠田麻里子さん(2011年撮影)
    篠田麻里子さん(2011年撮影)

パラリンピックにゆかりが深い篠田さん

   篠田さんは2016年11月、東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都が進めるプロジェクト「TOKYO パラスポーツプロジェクト」のメンバーに選出され、以降、パラスポーツのPR活動に尽力。「ブラインドサッカー」や「車椅子バスケットボール」のイベントで自ら体験するなど、パラスポーツの普及に貢献している。

   一方の声優業だが、篠田さんは2012年2月に米映画「TIME」で吹き替えに挑戦。同作でヒロインを演じたが、この時は「セリフが棒読み」などと芳しくない意見がネット上に噴出。DVDとブルーレイが発売された同年7月には、「マリコ様の吹き替えが最悪」との文言が書かれたレンタルDVD店のポップらしき画像がネット上で拡散し、騒動に発展した。

   しかし、「TIME」よりも後に公開されたアニメ映画「紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか」(2012年5月公開)では、これとは真逆の評価。完成披露試写会では監督の内山勇二氏から、「完全にキャラクターを分かっていた。どのテイクを使ってもいいくらいでした」と絶賛され、「TIME」での汚名を返上した。

   翻って今回の「こち亀」出演。得意の声優業でパラスポーツへのさらなる貢献が出来そうだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中