2018年 11月 17日 (土)

松本人志「新たなるステージへ」 母・秋子さんのポーズ写真を公開

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ダウンタウンの松本人志さん(55)が2018年11月4日夕方にツイッターにアップした写真が話題だ。

   「母 秋子。新たなるステージへ」との文言と一緒にアップされたのは、「11月1日」とのデコレーションが入ったケーキを目の前にポーズを決める、松本さんの母・秋子さんの姿を写した画像。松本さんのファンの間ではこの日は秋子さんの誕生日として知られており、「おめでとうございます」の声が殺到している。

  • 松本人志さん(2016年撮影)
    松本人志さん(2016年撮影)

たびたび共演

   松本さんといえば、15年11月1日にも、秋子さんの誕生日をツイッターで祝福。この時は花とプレゼントを宅配で送ったということで、松本さんはツイッターで、「オレの留守電にリッチ~リッチ~って入ってた」と、豪華な贈り物に喜ぶ秋子さんから留守電があったと明かしている。

   一般人ながら、これまでたびたび松本さんと共演するなど知名度の高い秋子さんだが、それに加え、松本さん本人も秋子さんとのエピソードを披露することで有名だ。最近では18年4月に、やはりツイッターで、「照れずにオカンと手繋いで歩くのに50年かかったわ。。。」と、母への心境の変化をツイート。感謝の念がにじむツイートには「兄やんのそういう所が好きやねん」などの称賛が殺到した。

   また、14年には松本さんの父が死去した際に、その直後に秋子さんの元に週刊誌の記者が直撃取材を行ったとして、情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で苦言をポロリ。「いま素人のおばあちゃんを相手に、この状況で取材に行くことが信じられへん」との言葉には、多くの視聴者から共感の声が寄せられた。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中