2018年 11月 20日 (火)

三億円事件「真犯人の告白」まさかの書籍化 小説?ノンフィクション?出版社の見解は

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   三億円事件の「真犯人の告白」がネット上、それも小説投稿サイト「小説家になろう」で公開された――そんな触れ込みで、世間を驚かせた「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」。ネットメディア、雑誌も巻き込んで大きな話題を呼んだ作品が、なんと書籍として発売される。

   ところで、出版社としてはこの作品を「ノンフィクション」として売り出すのか、それとも「小説」として売り出すのか。版元のポプラ社に取材すると――。

  • Amazonの販売ページ。なお、カテゴリは「文芸作品」
    Amazonの販売ページ。なお、カテゴリは「文芸作品」

真贋めぐって議論盛り上がる

   1968年12月10日に発生した「三億円事件」は、日本を代表する未解決事件として知られる。その犯人「白田」氏による手記とされる「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」は、2018年8月8日から9月23日にかけ、小説投稿サイト「小説家になろう」に断続的に公開された。事件にも関わった親友や恋人との人間関係も交え、事件の「真相」を詳細に語る内容だ(現在は「なろう」からは削除されている)。

   ネット上でじわじわと話題が広がる中で、J-CASTニュースは10月2日、メディアとして初めてその存在を取り上げた。これを機に注目は加速度的に増し、複数のネットメディアが紹介したほか、「週刊ポスト」(10月26日号)のような雑誌も3ページにわたり特集を組んでいる。

   議論を呼んだのは、その「告白」の真贋だ。「ポスト」は、警察関係者や事件に詳しいノンフィクション作家などにも取材、視点のユニークさを評価する一方、細部の矛盾も指摘しており、全体としてはやや懐疑的なトーンだ。ネットメディア「BLOGOS」は「白田」氏へのメールインタビューを実施、やはりいくつかの疑問点を直接ツッコんでいる。

   一方、その迫真の語り口などから、ネットを中心に支持の声も根強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中