2018年 11月 19日 (月)

イッテQ「何祭り」27か国でロケ...最多はどこか分かりますか? 11年で放送は100回超え

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「アカーン!」というファンの嘆きが聞こえてきそうだ。

   人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の長寿企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうちの1回が、「文春砲」による「デッチ上げ」報道で注目を集めてしまった。11年超の歴史がある番組のスタート当初からある人気企画で、これまでに110回を超えて登場している。その歴史を振り返る。

  • 宮川大輔さん(2016年撮影)
    宮川大輔さん(2016年撮影)

死者の祭り、鍋祭り、ナマズ祭り...

   今回、週刊文春(2018年11月15日号)による指摘を受けたのは、5月20日放送の「世界で一番盛り上がるのは何祭り? inラオス」で紹介した、ラオスの「橋祭り」だ。日テレは11月8日に見解を発表し、「番組サイドで企画したり(略)した事実もございません」とする一方で、「誤解を招く表現となりました」「真摯に反省すべき点があったと考えております」とした。

   「~何祭り?」企画は、主にタレントの宮川大輔さんが体当たりで世界各国の祭りに挑戦する内容。宮川さんの「ワッショーイ!」の掛け声や、「アカーン!」との悲鳴(?)も人気を支えるお約束の反応となっている。「お祭り女あさこ&アヤコ」(いとうあさこさんとイモトアヤコさん)が挑戦するパターンもある。

   「イッテQ」の放送が始まったのは2007年2月。「~何祭り?」の初回企画は、早くも第5回放送(07年3月)で登場。西アフリカのマリ共和国が舞台で、宮川さんが現地のドゴン族の「死者の祭り」に参加した。

   直近では、18年10月21日に「inタイ」編(鍋祭り)が放送されており、今回問題となった5月20日の「inラオス」(橋祭り)以降を見ても、「inアメリカ」(アジアン祭り、6月17日)、「inアメリカ」(ナマズ祭り、7月15日)、「inラオス」(臼ころがし祭り、8月19日)、「inスペイン」(9月23日)と相次いで放送されている。

   番組サイトの「過去のO.A.リスト」(放送内容)欄で、タイトルに「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」を含む放送回数(SP=スペシャル版を含む)を数える(J-CASTニュース編集部調べ)と、直近(10月21日)の「inタイ」編までに計112回を数えた(同じ祭りへ数年後に再挑戦したものも含む。また、他のタイトルでの「祭」ものは除外)。11月8日現在で番組の最新放送回は「11月4日」で、これが第405回(SP版は除く)。SP版の扱いが異なるため、単純な計算はできないが、かなり頻繁に登場する人気企画であることは十分にうかがえる放送回数になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中