2020年 9月 30日 (水)

芸能界に雨男・雨女「多い」の何故? 古代から続く人間の「心理」に背景が

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   女優の新木優子さん(24)が2018年11月5日、東京・六本木ヒルズで開かれた「けやき坂イルミネーション点灯式」に出席。総額1億円相当の豪華衣装で登場し、イルミネーションのスイッチを入れた。

   会場は屋外で、イベント開始直前まで強めの雨が降っていたが、新木さん登場直前にはパタリとやんだ。このため、新木さんは「直前まで雨が降っていたので大丈夫かなと心配していましたが、雨の効果もあってかイルミネーションがキラキラしていますね」とほほ笑んだ。

  • イベントに出席した新木優子さん(2018年11月撮影)
    イベントに出席した新木優子さん(2018年11月撮影)
  • イベントに出席した新木優子さん(2018年11月撮影)

「雨女」あゆ、「雨男」大泉洋...

   「晴れ女」とでも言えそうな新木さんの登場だったが、芸能界には「晴れ女・雨女」「晴れ男・雨男」伝説で有名な人物が何人もいる。

   中でも、歌手の浜崎あゆみさん(40)の強烈な雨女ぶりは以前からファンの間で有名で、夏フェスの「a-nation」では、16年の公演を含めこれまでに複数回、最終日に大トリを務める浜崎さんが登場する直前から土砂降りの雨が降った。17年には2度の台風接近のため、屋内会場ながら兵庫県と徳島県での公演が中止になった。また、本人も雨女であることは「自覚」があるようで、17年2月には「雨女は今年も健在なり」とツイートしたことがあるほどだ。

   また、浜崎さんのほかにも俳優の大泉洋さん(45)も「雨男」で知られ、出演映画の舞台挨拶をすると会場付近で雨が降るという「伝説」の持ち主。中でも、映画「探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~」(13年公開)では、完成披露試写会と初日舞台挨拶がともに雨という鉄板ぶりだった。

   ただ、このような「非科学的」な話に果敢に物申す芸能人がいることも事実。18年8月に放送されたバラエティー番組「女が女に怒る夜」(日本テレビ系)に出演した、お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子さん(47)は、友人同士でレジャーなどに出掛けた際に雨が降った場合などに、「ごめん、私、雨女だから」とかわい子ぶる女性たちに対し、「『お前に天気を左右する力なんてあるわけねえだろう』って思う」と発言。スタジオを笑わせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中