2018年 12月 19日 (水)

ボジョレー?ボージョレ?ヌーボー?ヌーヴォー? 各社がどう呼んでるのか、とことん調べてみた

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   毎年11月の第3木曜日に解禁されるワイン「Beaujolais nouveau」。今年(2018年)も11月15日に解禁され、話題になっている。

   その名の通り、フランスのBeaujolais地方で作られる新酒なのだが、あなたはどう発音しているだろうか。ボジョレー・ヌーボー? ボージョレ・ヌーヴォー? はたまた――。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 表記の比較表
    表記の比較表

アサヒ、サッポロ、キリン系は「ボージョレ」、サントリーは「ボジョレー」

   「正しい読み方」は、毎年この時期になるたび注目される。インターネット上でも同様で、2004年にはすでに「Yahoo!知恵袋」で、「ボジョレー・ヌーボーとボージョレ・ヌーボーって何が違うんですか?」といった質問がされていた。その疑問は10数年たった今も同じで、18年のツイッターにも、

「ボジョレーなの?ボージョレなの?」
「ボージョレなのかボジョレーなのかヌーボーなのかヌーヴォなのかはっきりして!」
「平成時代も30年が経ち終わろうとしているのに、未だに『ボジョレー』なのか『ボージョレ』なのか統一されない」

といった戸惑いの声が出ている。

   まずは、酒造や流通の主要各社が、どのようなカタカナを振っているのか、公式サイトの表記をもとに調べてみた。すると「ボージョレ」を冠しているのは、酒造がアサヒビールとサッポロビール、メルシャン(キリン傘下)、流通がイオン(ミニストップ含む)、セブン&アイ(セブン‐イレブンなど)。「ボジョレー」派は、酒造がサントリー、流通がローソンとファミリーマート、西友といった具合。ディスカウントストアのドン・キホーテもこちらだった。一方、「nouveau」は、サッポロビールの「ヌーボー」、アサヒビールの「ヌーヴォ」を除き、先にあげた各社は「ヌーヴォー」でそろっている。

メディアの「教科書」、記者ハンドブックは...

   ではメディアは、どう伝えているのだろうか。新聞各社を見てみると、朝日、読売、毎日、産経、日経(いずれもウェブ版)の直近記事は、固有名詞やコラムなどに一部「ボジョレー」表記があるのを除けば、おおむね「ボージョレ・ヌーボー」で横並びだった。

   テレビ各局はどうか。11月15日朝のニュース番組で、各局のテロップを比較すると、おはよう日本(NHK)とグッド!モーニング(テレビ朝日)、あさチャン!(TBS)が「ボージョレ」。ZIP!(日本テレビ)、めざましテレビ(フジテレビ)、Newsモーニングサテライト(テレビ東京)が「ボジョレ」とクッキリ割れた結果になった。「nouveau」については、「ボジョレ解禁」のみテロップで伝えたZIP!以外は、「ヌーボー」で一致。なお、これら各局のニュースサイトでも、ほぼ放送に準ずる形になっている。

   各社で表記が揺れているとき、頼りになるのが共同通信社の『記者ハンドブック』だ。これに準拠していれば間違いない――と引いてみると、「ボジョレ・ヌーボー」とある。共同通信と新聞各社が違うのかと驚いていると、同僚に「こっちには『ボージョレ』って書いてあるよ」と指摘された。見ると、彼が持っているのは2016年刊行の第13版。私の手元にあるのは第12版(10年)。この10年弱で、メディア的な「正解」は、伸ばす方になっていたようだ。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中