2022年 1月 19日 (水)

西武・浅村、オリックスを異例の「門前払い」 意中の球団すでに決まったか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

西武残留の可能性はあるか?

   前出の関係者は「オリックスとの交渉を断ったことで、移籍の可能性は高いと見ていいでしょう。西武に残留するのならば、とりあえず獲得に名乗りを上げた球団全ての話を聞いて、それを材料に西武と交渉に臨むはず。それをしなかったということは、すでに浅村の中で意中の球団が決まっているということでしょう」と分析した。

   3年15億円を用意している西武は19日以降、再度浅村と交渉に臨む構えで、渡辺久信SDが出馬して引き留めに動く。

「環境を変えてやりたい気持ちもある。マンネリ化はしたくない」

   FA権を行使した際にこのようなコメントをした浅村。移籍に向けてすでにその心は決まっているのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中