2020年 9月 26日 (土)

「Yahoo!BB戦法」再び? PayPay怒涛の大盤振る舞いは、覇権戦争の終わりの始まりか

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ヤフーとソフトバンクによるスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が、大盤振る舞いともいえるキャンペーンを発表した。

   上限金額の範囲であれば「20%還元」となり、時には「全額」が戻るとあって、ネット上には衝撃が走っている。近頃、競争が激化しつつあるスマホ決済業界だが、これで勝敗が決するのだろうか――。

  • PayPayの立ち位置はどうなる
    PayPayの立ち位置はどうなる
  • PayPayの立ち位置はどうなる

ソフトバンクユーザーは「10回に1回全額還元」

   PayPayは2018年11月22日、12月4日から「100億円あげちゃうキャンペーン」(19年3月31日まで)を行うと発表した。メインは、PayPayで支払うと、月額5万円を上限に支払額の20%が「PayPayボーナス」(残高)に還元されるキャンペーンだ。

   もうひとつは、40回に1回の確率で、支払額の全額(1度の決済で最大10万円)が「PayPayボーナス」に還元されるもの。こちらは、ソフトバンク、ワイモバイルのスマホ利用者であれば、確率が「10回に1回」にまで高まるという。これらに先駆けて11月22日から、5000円以上のチャージで、1000円相当のPayPayボーナスを上乗せするキャンペーン(1人1回のみ)も開催されている。

   10月にスタートしたばかりの後発ゆえ、これまでPayPayは加盟店の少なさがデメリットだった。しかし今回、ファミリーマートでも12月4日から使えるようになり、ミニストップ、ポプラ、松屋、ビックカメラ、ヤマダ電機といったチェーン店にも近日対応予定だと発表されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中