2019年 4月 19日 (金)

わずか1年...「27」はく奪の宇佐見に同情 炭谷巨人入りで背番号失う

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   巨人は2018年11月26日、西武からFA宣言した炭谷銀仁朗捕手と正式契約を締結し、原辰徳監督が同席のもと都内ホテルで入団会見を行った。炭谷は巨人と3年契約を結び、年俸は1億5000万円(金額は推定)で背番号は「27」に決定した。

   入団会見では、巨人のチームカラーであるオレンジ色のネクタイを着用し、「巨人愛」をアピールした炭谷。来季は小林誠司、宇佐見真吾、大城卓三、そして捕手に復帰する阿部慎之助らと正捕手の座を争うことになるが、炭谷の背番号を巡ってネットでは宇佐見に同情的な声が殺到している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

森祇晶氏以来の特別な番号

   巨人の捕手にとって背番号「27」は特別なものである。巨人の黄金時代、V9達成に大きく貢献し「巨人の頭脳」と呼ばれた名捕手・森祇晶氏が現役時代に付けていた背番号である。

   宇佐見は2016年に巨人に入団。ルーキーイヤーは1軍での出場はなかったが、翌2017年は春季キャンプから1軍スタートでスタートし、8月8日の阪神戦で1軍初打席初安打を記録。8月18日のDeNA戦ではプロ入り初本塁打となるサヨナラ本塁打を放ち、存在感を見せつけた。

   これらの活躍が高橋由伸前監督に認められ、2018年に背番号「52」から「27」へ。高橋前監督の大きな期待が込められた背番号だった。

   ところがその栄光の「27」は、炭谷の加入により、わずか1年ではく奪されてしまった。宇佐見の来季の背番号は「32」に決定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中