2019年 10月 14日 (月)

入管法の「強行採決」あった?なかった? 菅長官VS東京新聞記者、質疑かみ合わず

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   出入国管理法改正案の衆院審議をめぐり、菅義偉官房長官と東京新聞記者の間で、「強行に採決」が行われたのかどうかについて、正反対の認識が示された。

   長官会見で、記者が「強硬に採決が行われたが...」と質問したのに対し、菅氏は「強行採決なんか、やってません」「全く事実と違うことの質問はすべきではないですよ」と反論した。質疑はかみ合わないまま終わった。

  • 菅官房長官の11月28日午後の記者会見(画像は首相官邸サイトの動画から)
    菅官房長官の11月28日午後の記者会見(画像は首相官邸サイトの動画から)

「強行に採決が行われたが...」「強行採決なんか、やってません」

   2018年11月28日午後の菅長官会見で、東京新聞の女性記者が

「入管法改正についてお伺いします。(衆院法務委員会で)実質13時間という短い審議で強行に採決が行われたが、(長官は午前会見で)『しっかり質疑できた』という趣旨の発言をされました。(略)何をしっかり議論できたとお考えですか」

と質問した。菅氏は

「強行採決なんか、やってません」
「そういう全く事実と違うことの質問は、それはすべきじゃないですよ」

と反論した。これに対し、記者は同趣旨の質問を繰り返したあと、

「財界の要望ありきで採決が行われ、労働者の視点での議論が行われず、国会が軽視されているという批判が出ています。今回のような審議の対応で問題ないとお考えですか」

と追加で質した。菅氏は

「大変申し訳ないが、誰がそう言ってるんですか」

と逆質問。数秒、間が空いて進行役の男性が

「はい、ありがとうございました」

と会見を締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中