2020年 8月 12日 (水)

阪大マスコット、東大をライバル視? 「イチョウ2枚」で落ち着きなくす

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   大阪大学のマスコット「ワニ博士」の性格に、「東京大学へのライバル心」が表れているのではないかとしてインターネット上で話題を呼んだ。

   それは「イチョウ」をめぐる設定。1枚の葉っぱの前ではルンルン気分で踊っているのだが、2枚になると「なぜか」落ち着きがなくなる――。これが両大学の「シンボルマーク」と密接にリンクしているというのだ。

  • 「ワニ博士」。公式サイトでは左のイラストに「イチョウがお好き。※別に食べる訳ではない」、右のイラストに「ですが、2枚になるとなぜか落ち着きをなくされます」という説明がある(画像提供:大阪大学企画部広報課)
    「ワニ博士」。公式サイトでは左のイラストに「イチョウがお好き。※別に食べる訳ではない」、右のイラストに「ですが、2枚になるとなぜか落ち着きをなくされます」という説明がある(画像提供:大阪大学企画部広報課)
  • 「ワニ博士」。公式サイトでは左のイラストに「イチョウがお好き。※別に食べる訳ではない」、右のイラストに「ですが、2枚になるとなぜか落ち着きをなくされます」という説明がある(画像提供:大阪大学企画部広報課)

広報「大体見当がつくのではないかと思います」

   話題を集めたのは2018年11月27日のツイッター上の投稿。ワニ博士を紹介する阪大公式サイトをスクリーンショットしているのだが、注目すべきはサイト内の「特筆すべきこと」という項目だ。

   ワニ博士は「イチョウがお好き」だとして、1枚のイチョウの葉っぱを前に、歌でも口ずさむような笑顔で両手を広げているイラストがまず1枚。ところがその下に、

「2枚になるとなぜか落ち着きをなくされます」

として、クロスする2枚の葉っぱを前に、口を真一文字に結んだ渋い顔で腕を組むイラストが掲載されている。

   示唆的なのはここから。阪大のシンボルマークは「1枚のイチョウの葉っぱ」をかたどったものだが、東大のそれは「2枚のイチョウの葉っぱ」でデザインされているのだ。それも、ワニ博士が渋い顔をする2枚の葉っぱは、東大のマークと角度やクロスの仕方がほぼ一致。「なぜか」落ち着きをなくすとの説明だが、日本の最高学府を意識していると勘繰らざるを得ない。上記の投稿者は両大学のマークの画像もアップし、「阪大が公式に敵視してて草」とツッコんだ。投稿は6000以上「いいね」がつき、「露骨すぎる」「ふぇー上手くできてるなぁ」などと反響も相次いだ。

   J-CASTニュースが29日、阪大に「『なぜか』とは何なのか」と取材で問い合わせると、企画部広報課の担当者は、一瞬の間を置いて、

「大体見当がつくのではないかと思います」

と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中