2019年 11月 18日 (月)

「化粧する男」が当たり前になる日 あなたはいつまで「すっぴん」でいられるか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   男性の「すっぴん」が、珍しがられる日が近づいているのかもしれない。男性向けの化粧品「メンズコスメ」の市場が拡大しているのだ。

   化粧品国内大手の資生堂などがスキンケア商品のバリエーションを増やしているほか、国際的なファッションブランド「シャネル」が今秋、初めて男性用メーキャップ化粧品を売り出すなど、話題も豊富で、市場は盛り上がりを見せている。

  • シャネルの「ボーイ ドゥ シャネル」公式サイト
    シャネルの「ボーイ ドゥ シャネル」公式サイト

シャネルも男性用商品を投入

   資生堂は「ビジネスには美しい肌が武器になる」として「美ジネスマンの新習慣」とうたい、同社ブランド「ウーノ」から、保湿スキンケア「ウーノスキンセラムモイスチャー」を9月、発売した。入浴中に洗顔やひげそりをした後、ぬれた手のまま顔にぬることができ、シャワーで流してもうるおいを保てるという。

   シャネルはメーキャップ用の「ボーイ ドゥ シャネル」をこの11月に投入。ファンデーションをはじめ、リップクリームや眉毛を整えるアイブロウペンシルなどラインアップも豊かだ。また、化粧品ブランド「THREE」(スリー)で知られるアクロも9月、メーク中心のメンズ総合コスメ「ファイブイズム バイ スリー」を発売。肌の悩みに合わせたベースメークや雑貨など約80品をそろえた。

   調査会社「富士経済」の国内化粧品市場調査によれば、日焼けによる紫外線対策などをうたった男性用フェイスケアの2018年の市場規模は前年比4.5%増の231億円と見込まれる。2020年には236億円にまで拡大すると予想されており、メーキャップ化粧品が加われば、さらに市場が拡大する見込みだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中