2019年 11月 12日 (火)

宮脇咲良が感じた「日韓の絆」 IZ*ONE初の国内コンサート

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ラジオ番組で「国籍問わずこんなに友だちが出来たり...」

   IZ*ONEではメンバー個人はSNSを運用しておらず、メンバーの「生の声」が伝わる機会は少ない。そういった少ない機会のひとつが、宮脇さんのレギュラー番組「今夜、咲良の木の下で」(bayfm)だ。12月13日未明の放送で明かされたところによると、IZ*ONEのテーマは「日韓の絆みたいなもの」。冒頭の宮脇さんとイ・チェヨンさんが踊るシーンには、PRODUCE48に参加した日韓のメンバーが

「すごく仲良くなれて、国籍問わずこんなに友だちが出来たりとか、大事なものができるんだね、っていうことを学んで...」

といった事柄がテーマになっていたという。宮脇さんによると、イ・チェヨンさんは、IZ*ONEの中で最もダンスが上手いとされるメンバーだ。宮脇さんはこのことをプレッシャーに感じていたといい、今後の放送では、パフォーマンスの感想が語られることになりそうだ。

「そのダンスが一番すごいチェヨンと、ふたりっきりで踊らされる宮脇咲良さん...。最初聞いたときは『終わったな』って思いましたけど、いっぱい練習して、この日には、きっと、ちょっとは上手くなっているんじゃないでしょうか。がんばれー、みやわきー」(番組での宮脇さんの発言)

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中