2019年 10月 22日 (火)

少女の顔に「性的な落書き」動画拡散 教育委員会「いじめでなく、行き過ぎた行為」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   少女の顔に性的な落書きがされ、ほかの少女らがはやし立てる動画がツイッターに投稿され、ネット上で拡散している。

   いじめではないかと物議を醸しているが、教育委員会はJ-CASTニュースの取材に対し、それを否定し、「友達同士の行き過ぎた行為」だとした。

  • 顔に落書きする動画が投稿され…(写真はイメージ)
    顔に落書きする動画が投稿され…(写真はイメージ)

おでこに「卍(まんじ)」、右ほおに性的な言葉が

   性的な言葉ではやし立てられ、落書きされた少女が部屋の鏡に向かう。そこで自分の顔を確認すると、うつむいて泣き始めた。

   「かわいい姫!かわいい姫!」。周りは、それでも、はやすのを止めない。撮影者がほかの2人に「成功でした」と報告し、「涙でさ、メイク落そうとしてる」「これは、どういう作戦でしょうか?」と落書きされた少女に近寄る。

   これに対し、少女は、声を上げて泣き続けるが、ほかの3人は、さらに茶化す。少女の髪を上げると、おでこに「卍(まんじ)」の文字と右ほおに性的な言葉が黒字で大きく落書きされているのが見える。3人のうち1人が少女の右ほおを拭く仕草をみせるが、それでもはやし続けていた。

   この2分弱の動画は、2018年12月15日に投稿され、ツイッター上で話題になった。すぐに削除されたものの、次々に拡散され、いじめではないかと炎上状態になっている。

   その後、動画の少女たちは、東海地方にある公立中学校の1年生女子生徒だとネット上で特定され、はやした女子生徒らのSNSまで晒される騒ぎになっている。

   女子生徒らが通う中学校や市教委に20日に取材して聞いたところによると、生徒らは、17日の学校などの聞き取りに、小学6年だった17年冬に動画を撮影したと説明した。

ネット「いや、いじめだろ」

   女子生徒らは当時、メイクにあこがれて、ごっこ遊びをしていたという。4人でお互いに顔に落書きし合い、動画の生徒以外も、少なくとも1人は性的な内容だった。その後、メイクを落とすクレンジング剤入りペーパーで顔を拭いていたが、たまたま最後に動画の生徒が残り、ほかの3人が、ペーパーがなくなったというドッキリを仕掛けた。

   動画には映っていないが、最後には、3人が謝ってペーパーを渡し、動画の生徒も笑って終わったとしている。

   学校側は動画の生徒に何度も確かめたが、生徒は、ペーパーをもらっており、いじめではないと聴き取りに話したという。

   4人を含めた生徒らが、過去にどういう動画を撮ったか見せ合い、その中で、4人以外の生徒がアップしてしまったそうだ。

   中学校や市教委では、動画の生徒への落書きについては、「いじめではなく、行き過ぎた行為」だとして生徒らを指導したことを明らかにした。また、動画をツイッターに投稿した生徒についても、同様な理由で指導したとしている。

   一方、ネット上では、落書きされて泣く様子がただの遊びだったとは思えないとして、「いや、いじめだろ」「例えドッキリだとしても許されない」との疑問や批判が相次いでいる。また、動画の生徒が周囲の反応を気にして本当のことを言っていない可能性がある、との指摘も出ていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中