2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

「悲しい」「どこが似てますか?」「帰るわ」 小柳ルミ子の辛辣発言に「場の雰囲気...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌手の小柳ルミ子さん(66)が、フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」に生出演し、サッカー選手や自分のものまねをしたタレントに不機嫌な様子を見せた。

   プライドを傷つけられたのでは、などと擁護もあったが、ネット上で不快感を訴える声が相次いでいる。

  • 自らのブログでも、「ものまねジャパンは、今日必要だったのぉ!?(爆笑)」と感想
    自らのブログでも、「ものまねジャパンは、今日必要だったのぉ!?(爆笑)」と感想

「サッカーこんな感じって、軽く見られたらやだ!」

   「初めまして」「知らなかったです」。小柳さんは、2018年12月28日の番組で、サッカー日本代表のそっくりさんで結成された「ものまねJAPAN」のメンバー5人に対面して、こう明かした。サッカー通として知られるだけに、スタジオから驚きの声が上がる。

   司会の設楽統さん(45)から紹介を受けると、小柳さんは、ちょっと困惑した様子で、「どこが似てますか?」「あの~おちゃらけ?」と苦笑いした。

   その後、サッカーW杯・セネガル戦で前半34分に乾貴士選手(30)がゴールを決めたシーンについて、アモーレ橋本さん(32)らメンバー5人がお笑い風に再現した。すると、小柳さんは、顔をしかめてこうつぶやいた。

「いや、もう悲しい。もう帰りたい。もう~だってサッカーこんな感じって、軽く見られたらやだ!」

   これに対し、設楽さんが「ただ、ちょっとあの、番組的に本物がね、なかなか呼べないっていう事情もありまして、彼らけっこう頑張ってこうやってる」と説明したが、小柳さんは、反論した。

「頑張っているのは、うれしいよ。でも、サッカーこんなチャラいもんだと思われて...」

   ものまねJAPANの5人が芸を続けると、「まだやんの?」とぼやき、メンバーらが槙野智章選手(31)の結婚式2次会で余興を披露したと紹介されると、「バカだね」と反応した。

共演者は「とっても優しかった」とフォロー

   今度は、女性芸人のシンディーさん(38)が5人に加わり、小柳ルミ子さんのものまねを披露した。「3度のメシよりメッシが好き、小柳ルミ子さんです、こんちは」などと小柳さんをまねると、「あたし、やっぱ帰るわ」と立ち上がってしまった。

   シンディーさんは、「初めまして」とあいさつしたが、小柳さんは、「どういうリアクション取ったらいいの?」と困惑した様子だ。シンディーさんがネタを続けると、「あの~ぶっちゃけ、このコーナーって必要?」と疑問をぶつけ、司会の設楽さんが「小柳さん、はっきり言って、接待ものまねです」とフォローに追われた。

   小柳さんは最後に、「いや、でもね、サッカーを愛して、こうやってなんかみんなを引きつけてくれるその力になってくれるのは、あたし、お母さんとしてはうれしいよ」と理解も示したが、「ただ、もうちょっと勉強しようよ」と呼びかけていた。

   放送後には、ツイッター上で、小柳さんの番組発言が大きな話題になった。「場の雰囲気悪くしすぎじゃない?」「なんか冗談通じなさそう」「不愉快な気持ちになった」「もう呼ばない方がいい!」といった声が上がり、疑問や批判が次々に書き込まれている。ものまねなどを楽しむバラエティには向いていないのではないか、との指摘も出ていた。

   一方で、好きなサッカーや自分をネタにされ、「プライドを傷つけられたのではないかな」と理解を示す声も出た。また、小柳さんは女優でもあるだけに、番組での役割を演じているだけでは、といった推測もあった。

   ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計するYahoo!リアルタイム検索では、放送直後から昼頃にかけ、小柳さんの名前が上位にランクインしていた。

   なお、出演したアモーレ橋本さんはツイッターで、「小柳ルミ子さんとっても優しかったですよ」「カタールW杯まで4年掛けて距離を詰めて行きたいと思います笑」とつぶやき、シンディーさんも、「小柳ルミ子さんに目の前で見ていただけました。感激です」とツイートして、橋本さんの投稿をリツートしていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中