2019年 1月 19日 (土)

「選手がいない」タスキリレーでミス相次ぐ箱根駅伝 わずか9秒差の7位だったのが...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

第95回「箱根駅伝」が2019年1月2日、東京・大手町の読売新聞社前をスタートした。しかし「タスキリレー」を巡り運営の不手際が目立ち、ネット上では批判が相次いだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

運営側に批判の声が

まず、往路のタスキリレーの際で、駒沢大と国士館大の選手がいなかった件。最初の1区で駒沢大の片西景選手(4年)がトップからわずか9秒差の7位で鶴見中継所に到着。しかし、2区の選手がおらず、約10秒ほどをロス。

さらに3区を走った国士舘大の多喜端夕貴選手(4年)が11位で平塚中継所に到着、4区の選手にタスキを渡そうとしたとこころ、4区の選手がいなかった。

長い箱根駅伝の歴史のなかで、あまり見られない光景に対して、ネットでは運営について批判の声が次々にあがった。

「あの襷リレーのミスが運営スタッフのミスなら、駒大と国士舘大には復路スタートの時点できちんとそのタイムを返してあげるべき。 その1秒を削り出せずに泣くことになる選手がどれだけいるか、このスピード駅伝では一瞬の判断ミスが結果にものすごい影響を与えるのに...」

また、

「駒澤大学といい国士舘大学といい タスキリレーのミス多すぎませんかね」
「今年の箱根は、運営のだらし無さが酷すぎないか? さっきから、襷リレーの場面で、次のランナーがスタンバイできてないのが何校もいるよ。 選手も見てなきゃダメなんだろうけどさぁ、狭いところで団子になって来るんだし、そこは何のための運営なんだ!って話。 選手の努力を無駄にすんなよ」

といった声が、ツイッター上にあがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中