2019年 12月 9日 (月)

一般参賀、平成最多の15万人超が皇居へ 閉門遅らせ「お出まし」急きょ2回追加

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新年恒例の一般参賀が2019年1月2日、皇居であった。天皇陛下が在位中に一般参賀に出席するのはこれが最後で、平成に入ってから最も多い15万4800人(速報値)が皇居に足を運んだ。

   天皇陛下は、当初は計5回にわたって、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら皇族方と長和殿のベランダに立つ予定だったが、想定よりも人出が多く、急きょ2回追加された。

  • 天皇皇后両陛下。在位中に一般参賀に出席するのはこれが最後だ
    天皇皇后両陛下。在位中に一般参賀に出席するのはこれが最後だ
  • 皇太子ご夫妻
    皇太子ご夫妻
  • 秋篠宮さまご一家
    秋篠宮さまご一家
  • 平成最多の15万4800人(速報値)が皇居に足を運んだ
    平成最多の15万4800人(速報値)が皇居に足を運んだ
  • 多くの人々がスマホで皇族方を撮影した
    多くの人々がスマホで皇族方を撮影した

「本年が少しでも良き年となるよう」

 

   一般参賀は午前3回、午後2回の予定だったが、午後のスケジュールが繰り上げられた。天皇陛下は計7回にわたって、集まった大勢の人々に

「新年、おめでとう。晴れ渡った空のもと、皆さんとともに新年を祝うことを誠に喜ばしく思います。本年が少しでも多くの人々にとり、良き年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

と語りかけた。

 

   集まった人々の多くがスマホを手に皇族方を撮影。例年の「天皇陛下万歳!」といった声に加えて、「ありがとうございました!」「おつかれさまでした!」といった声が次々にあがった。

大型モニターも2台設置

   18年の一般参賀では、平成としては最多の12万6720人が皇居を訪れたが、平成最後とあって、さらに2割強も増えた。9時30分を予定していた開門時刻は9時15分に早められ、14時10分を予定していた閉門時刻は15時24分に遅らせた。宮内庁では、長和殿が面する東庭にたどり着いたとしても、人混みのために皇族方の姿を見られない人が出ることを想定。18年12月の天皇誕生日に続いて、大型のモニターも2台設置された。ツイッターでは4時間待ちや5時間待ちを訴える人も相次いだ。

   宮内庁によると、現在の形式になってから最も人出が多かったのは1969年で、19万7826人だった。完成したばかりの長和殿で初めて一般参賀が行われた年だ。ただ、当時は1日に10回参賀の機会があったため、単純に比較はできない。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中