2019年 1月 18日 (金)

長野「大人の対応」に漏れる安ど 避けられた「最悪のシナリオ」とは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   巨人は2019年1月7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍することを発表した。広島から長野獲得の意向を受けた巨人はこの日午前に長野に通告し、長野が承諾したことで移籍が決まった。巨人のFAによる人的補償での流出は、昨年12月に西武に移籍した内海哲也投手(36)に続いて2人目となった。

   球界を揺るがした移籍劇から年をまたいで17日目にして再び巨人に衝撃が走った。丸外野手の人的補償として広島が選択したのは巨人一筋9年のベテラン長野だった。年明けに長野獲得へ方針を固めていたという広島は、この日までに巨人に長野獲得の意向を通達し、移籍が成立した。

   長野はこの日、球団を通じてコメントを発表。「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります」と、今回の移籍を前向きにとらえた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

2度のドラフト指名→入団拒否、「巨人愛」は筋金入り

   広島への移籍を長野がすんなりと受け入れたことに、巨人の球団関係者からは「最悪の事態は回避できた」と安どの声が上がっているという。関係者が言う「最悪の事態」とは、長野が広島の移籍を拒否して現役を引退することだ。

   長野はプロ入りする際に巨人入団にこだわり続けた。大学卒業時と社会人時代にそれぞれドラフトで指名されながらも入団を拒否。2009年に3度目の正直で巨人から1位指名を受けて晴れて念願の巨人入りが実現した。筋金入りの「巨人愛」を持つ長野だけに、球団関係者は「移籍」→「引退」の最悪のシナリオも想定していたという。

   FAのルールでは、28人のプロテクトリストから漏れた支配下選手で獲得の指名を受けた選手は、これを拒否することは出来ない。当該選手が拒否した場合、選手はプロ野球選手としての資格を停止され、現役引退を余儀なくされる。長野場合、選択肢は「広島移籍」か「引退」の二択しかなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中