2019年 12月 13日 (金)

トルクメニスタン戦、松木安太郎解説が物議 「権田のミス」発言で、視聴者「あれがキーパーのミスだと?」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「あれがキーパーのミスだと...?」――アジアカップのグループリーグ初戦・日本代表対トルクメニスタン代表戦(3-2)で、2失点目につながるPKを献上したシーンでの松木安太郎氏(61)の解説が、インターネット上で物議を醸した。

   テレビ朝日の中継で解説をつとめた松木氏は、「自分のミスですからね、権田」とPKを与えるファウルをしたGK権田修一(29)を名指し。だが、ここに至るまでの「流れ」を見ていた人々の多くは、違う捉え方をしていたようだ。

  • 松木安太郎氏(2014年撮影)
    松木安太郎氏(2014年撮影)

「権田のミスとかマジで言ってんのか?」

   森保一監督になって初の公式戦となるアジア杯。2019年1月9日に行われたトルクメニスタン戦は、前半に先制点を許すも、後半にFW大迫勇也(28)の2得点で逆転、さらにMF堂安律(20)の大会史上最年少ゴールで追加点を奪い、2点差をつけた。

   問題のシーンはここから。後半33分、権田は、フリーでスルーパスを受けたFWアンナドゥルディエフとの1対1で、とっさに足元へ飛び込みファウル。イエローカードをもらうとともにPKを献上した。

   試合終盤でのピンチ。キッカーを見据えてゴールマウスに立つ権田。ここで解説者の松木氏が放ったのは、

「自分のミスですからね、権田。相当集中していると思います」

という言葉だった。これに中継を見ていたツイッターユーザーが敏感に反応した。

「松木さん 権田のミスとかマジで言ってんのか?」
「PKを与えたのは権田のミスだというような地上波中継の発言には衝撃と落胆。あれがキーパーのミスだと...?」
「あの一連の流れを『権田のミス』という表現は断じて為されるべきではない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中