2019年 11月 14日 (木)

梅原猛さん死去 『隠された十字架』など独自の日本学の根っこに「数学好き」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   『隠された十字架 法隆寺論』『水底の歌 柿本人麿論』などのベストセラーで知られ、文化勲章も受賞した哲学者の梅原猛さんが2019年1月12日、死去した。93歳だった。

   西洋哲学から日本思想、宗教、古代史、文明論まで幅広い分野をカバーし、多数の著作を発表、通説とは異なる独自の解釈で話題を集め、「梅原日本学」と称された。国際日本文化研究センターの設立では政治力を発揮し、学問の異分野交流、国際化にも力を注いだ。「ヤマトタケル」などスーパー歌舞伎の台本も書いており、単なる学者の枠をはるかに超えた多彩な活躍ぶりで際立った。

  • 梅原猛さんの著書『京都 鬼だより』(淡交社)
    梅原猛さんの著書『京都 鬼だより』(淡交社)

「負ける戦争でどうして死なないといけないのか」

   1925年、私生児として仙台市で生まれた。実父の梅原半二は愛知一中、旧制八高校を経て、当時東北大学の学生。実母は下宿屋の娘。生後まもなく、実母が亡くなり、愛知県内の梅原一族の伯父夫婦に引き取られ養子となる。

   実父はのちにトヨタ自動車常務や豊田中央研究所所長などを務め、「トヨタの基礎を作った」と称賛された優秀な技術者だった。

   梅原さんは東海中学から旧制八高へ。勤労奉仕中にB29に襲撃され、防空壕で九死に一生を得た。数学が得意で、同じように論理的思考を旨とする哲学に惹かれ、京大哲学科に進む。「負ける戦争でどうして死なないといけないのか。戦争への懐疑があった」(毎日新聞)とも。徴兵され、内地防衛隊に配属されたが、まもなく終戦を迎える。

   大学では、ハイデッガーなどを研究。立命館大学で教鞭をとるようになる。当時の立命館には、奈良本辰也、林屋辰三郎、白川静、高橋和巳などそうそうたる学者が集まっていた。同時に上山春平の手引きで京大の桑原武夫が主宰する研究会にも参加、周辺には吉川幸次郎、今西錦司、貝塚茂樹、湯川秀樹ら京都学派の重鎮がいて、目をかけられた。

   「専門の異なるこのような学者の励ましを受けて、自分の道を大胆に進むことができた」(日経新聞「私の履歴書」)と回想している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中