2019年 10月 20日 (日)

ファミマ「無印切り」の背景 長年の付き合いも...17年ごろから変化が

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ファミリーマートが良品計画の雑貨「無印良品」の取り扱いを終了することになった。無印良品がウェブサイトで発表した。2019年1月28日で無印からファミマへの商品供給をやめ、在庫がなくなり次第販売も終了する。

   売り上げの不振が背景にあるが、逆に販売打ち切りを市場は好感したとみられ、良品計画の株価は上昇している。

  • ファミマ店舗からは「無印」が姿を消すことになる
    ファミマ店舗からは「無印」が姿を消すことになる

商品供給はすでに大幅減、減益の原因にも

   ファミマと良品計画はともに旧セゾングループだ。西友ストアーの企画室が73年に埼玉県狭山市にファミリーマートの実験第1号店をオープン。1981年に西友ストアーから分離された。無印良品は1980年に西友のPB商品として誕生し、89年に法人としての良品計画がスタートした。

   こういった経緯もあってファミマ店舗では80年代から無印良品の日用品や食品が展開されてきた。

   ただ、良品計画の広報・サステナビリティ部によると、2017年頃から供給を減らしていたといい、ファミマ側の意向で販売終了が決まった。

   良品計画の19年2月期の上期決算では、国内事業の営業収益が前期比6.2%増の1246億5000万円だったのに対して、営業利益は同3.6%減の144億5900円だった。18年10月の決算説明会では、その背景を

「供給事業においてファミリーマートへの商品供給が前期比53.8%と大幅に減少し国内事業減益の主因の一つに。 他チャネルへの供給拡大により下支えを図る」

と説明していた。

ファミマは「外部環境の変化」と説明

   ユニー・ファミリーマートホールディングスの広報室は、「外部環境の変化」で販売終了を決めたと説明。無印の商品が販売されていたスペースにはプライベートブランドやナショナルブランドの商品を置く。

   無印良品のファミマでの販売打ち切りの知らせは、1月29日夜に広く伝わった。良品計画株は1月30日午前の取引で、前日の終値より730円高い25720円まで値上がりし、ユニー・ファミリーマートHD株は50円高い12820円まで値上がりした。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中