2019年 5月 24日 (金)

アリアナ・グランデが謎漢字タトゥー 新曲が7 ringsだから...→「七輪」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   アメリカの歌手、アリアナ・グランデさん(25)の新たな「日本語タトゥー」が注目を集めている。親日家でタトゥー好きでもあるアリアナさん。「日本語タトゥー」は過去にもあったが、今度はなぜか「七輪」と書かれているのだ。

   アリアナさんの日本語版公式ツイッターが写真付きで紹介すると、「マジ?」「五輪=オリンピックみたいな事とは別だよ!」と心配する声も相次いだ。何しろ、七輪といえば「多くの日本人はサンマを焼く器具と思うような...」道具だからだ。

  • 親日家としても知られるアリアナ・グランデさん(2015年)
    親日家としても知られるアリアナ・グランデさん(2015年)
  • 「アリアナ・グランデJP公式」ツイッターが紹介したのは…
    「アリアナ・グランデJP公式」ツイッターが紹介したのは…

「とても気に入っているよう」

   2019年1月30日の日本語版公式ツイッター投稿につけられた写真は、左の掌(てのひら)がアップで写っている。親指を画面下にむけた状態で、人差し指と中指の付け根付近に黒い文字で「七輪」とある。1文字分の幅は、指1本の幅とほぼ同じくらいで、割と大き目だ。

   投稿では「インスタグラムより」としたうえで、

「アリアナがまた日本語のタトゥーを追加!今度はなんと漢字で『七輪』」

と紹介した。アリアナさんのインスタコメントを日本語訳で引用し、最後は

「とても気に入っているよう」

と結んでいる。元の英語コメントを見てみると、「みんな」がこの手はアリアナさんの手ではない(フェイクハンド)と思っているようだが、本当に私の手なの、といったニュアンスだ。

   この写真がツイッター上で広まると、サンマやトウモロコシを載せて焼いている七輪の写真・イメージ画と、この「七輪タトゥー」写真を並べてツイートする人も出た。さらに、

「マジ?」
「笑うんだけど」
「七輪てそれでいいの?(略)五輪=オリンピックみたいな事とは別だよ!」

といった反応も相次いだ。

   念のため、「七輪」の意味を辞書の広辞苑(岩波書店、第7版)で調べてみると、「しちりん<七厘・七輪>(物を煮るのに価七厘の炭で足りる意からという)焜炉(こんろ)の一種。多くは珪藻土製」とある。画ものっており、まさに「多くの日本人はサンマを焼く器具と思うような...」(ツイッター投稿より)、例のアレそのものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中