2019年 10月 24日 (木)

高橋大輔「特別審査員」騒ぎの奇妙な顛末 社交ダンス大会の舞台裏で何が起きたのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   バンクーバー五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんが社交ダンス大会の「特別審査員」を務める――という内容の広告がダンス専門誌に掲載された。だが、これが「誤り」だったとして大会主催団体や雑誌社が謝罪した。

   先立って高橋さんのマネジメント会社が、高橋さんが審査員であるとする内容は「事実無根」であり、高橋さんの名前が「無断」で使われた、とする注意文を公式サイトに掲載。波紋が広がっていた。

  • 高橋大輔さんの公式サイトに、「特別審査員」をめぐる注意文が掲載された
    高橋大輔さんの公式サイトに、「特別審査員」をめぐる注意文が掲載された
  • 『月刊ダンスビュウ』3月号に掲載された公益財団法人日本ボールルームダンス連盟主催の「2019スーパージャパンカップダンス」についての広告ページ。黄色い吹き出しで「特別審査員」に「高橋大輔」と記載がある
    『月刊ダンスビュウ』3月号に掲載された公益財団法人日本ボールルームダンス連盟主催の「2019スーパージャパンカップダンス」についての広告ページ。黄色い吹き出しで「特別審査員」に「高橋大輔」と記載がある

「ご本人の都合により来られないため辞退されました」

   事の発端は2019年1月26日発売の『月刊ダンスビュウ』3月号に掲載された、社交ダンス大会「2019スーパージャパンカップダンス」の1ページ広告。ここに、

「特別審査員に和泉元彌、湖月わたる、高橋大輔が決定!」

と強調して書かれているのが分かる。

   同大会は公益財団法人日本ボールルームダンス連盟(JBDF)(東京都中央区)の主催で、3月2~3日に幕張メッセ(千葉市)で開催される大規模なものだ。チケット代は高価な席で2万2000円する。

   広告は誌面にのみ載っていたが、発売前の1月24日、同誌の版元であるモダン出版(東京都文京区)が公式サイトやツイッターで、次のように訂正すると発表(現在は削除)。多くの人の目に届くことになった。

「特別審査員に高橋大輔さんが予定されていましたが、ご本人の都合により来られないため辞退されました。高橋大輔さんの来場はありません。誌面の訂正が間に合いませんでしたので、ここで訂正いたします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中