2019年 2月 17日 (日)

「創業者の死」に疑問あり? カナダ仮想通貨「引き出せない」騒動の奇々怪々

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   仮想通貨をめぐるミステリー?――カナダの仮想通貨交換会社で巨額の資産が引き出せない状態となり、注目を集めている。パスワードを知る唯一の人物である創業者が急死して「(システムに)アクセスできないため」と会社側は説明している、のだが...

   利用者の一部からは「本当に死亡したのか」といった疑問の声が当初からネット上であがっていたが、外部機関による不審点の指摘も出始め、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などの大手メディアも疑問の声を伝える事態となっている。

  • クアドリガCXが公表したメッセージ
    クアドリガCXが公表したメッセージ

訪問先のインドで急死、と発表されたが...

   「引き出し不能」のニュースは、日本メディア(ウェブ版)も報じている。2019年2月5日、日経新聞やNHKなどが伝えた。概要は次のような内容だ。

   「カナダ最大の仮想通貨交換所」(テレビ東京)である「クアドリガCX」で、仮想通貨約150億円(テレ東。NHKは『およそ200億円』)が引き出せない状況になっており、理由は(暗号解除のための)パスワードを一人で管理していた(共同)創業者でCEOのジェラルド・コットン氏が18年12月、訪問先のインドで急死したためだ。30歳だった。妻がパスワードのメモなどを探したが見つからず、依頼をうけた専門家も(ごく一部のシステムを除き)アクセスできなかったという。

   クアドリガCXは、CEOだったコットン氏の死去について、19年1月14日のフェイスブックで報告していた。旅行中のインドで18年12月9日、クローン病の合併症のため死亡した。現地では、孤児院を開設していた。暫定的な会社の執行部体制にも触れている。末尾に妻のジェニファー・ロバートソン氏の署名が添えられており、「コットン氏の遺産執行人」との注記もある。

   そして19年2月5日(現地時間)、会社サイトで「クアドリガCXからのメッセージ」を公開。パスワードなどを発見できず、依頼した専門家もオフラインで保管された「コールドウォレット」へも、(少額のものを除き)ほとんどアクセスできなかったという。現地裁判所の関係文書の写しを閲覧できるページへのリンクも張っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中