2019年 7月 22日 (月)

はてなダイアリー、今日16年の歴史に幕 「ウェブ日記」を毎日投稿していたあの頃は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   はてな(京都市中京区)の運営するウェブ日記サービス「はてなダイアリー」が2019年2月28日をもって、すべての機能を停止する。

   「はてなダイアリー」は2003年春にスタート。ネット社会で一時代を築いたサービスとあって、感慨にふける人が多くみられる。

  • 「はてなダイアリー」公式サイト
    「はてなダイアリー」公式サイト

「はてなブログ」へ移行

   2003年のスタート当時は「ブログ」が定着しておらず、さるさる日記(99年~11年)などと同じく、「ウェブ日記」として扱われていた。ブログが一般的になるのは、その年の冬から。Seesaa(シーサー)ブログ、ココログ(ニフティ)、ライブドアブログなどが立て続けにサービスインし、04年9月のアメーバブログ(アメブロ)誕生以降は、芸能人の交流ツールとしての側面も強くなってきた。

   04年春にはSNSのミクシィとグリーが登場。ブログとSNSが群雄割拠する中でも、はてなダイアリーは独特のポジションを保ったが、11年に登場した「はてなブログ」が転換点となった。サービス終了の告知文(18年8月30日)には、「システムがレガシー化し、今後の継続的な運用がより困難になってきているという状況」とともに、はてなブログへリソースを集中した方が「ユーザーの皆さまの期待に沿えるのではないか」といった点が理由として挙げられている。

   すでに記事の更新は19年1月28日で停止され、現在はエクスポートなどの一部機能のみ残されている。3月1日以降は、「はてなブログ」へと移行される予定だ。最終日となった2月28日には、ツイッターでユーザーから「手動移行が無事終わった」といった報告が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中