2019年 4月 18日 (木)

吉牛に「超特盛」「小盛」登場

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   創業120周年を迎えた吉野家は2019年3月4日、牛丼のサイズ展開に7日から「超特盛」と「小盛」を加え、全6種類にすると発表した。新サイズが登場するのは1991年に「特盛」が登場して以来、28年ぶり。

   新登場する「超特盛」(税込780円)は牛肉が大盛の2倍となり、ご飯は大盛・特盛と同様のボリューム。「小盛」(税込360円)は並盛の約4分の3のボリュームで、ご飯茶碗1杯分のご飯の量になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中