2020年 6月 1日 (月)

ディズニーと手組んだドコモの戦略 5G時代前に携帯各社の「動画戦争」が始まる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

KDDIはNetflixと、ソフバンは...

   ドコモの吉沢和弘社長は3月7日の発表の記者会見で「5Gで動画はメインコンテンツになる」とディズニーとの協業の狙いを説明した。ドコモは既に約12万タイトルの動画を配信する「dTV」を展開しているほか、Jリーグや欧州サッカーなどの試合を中継する「DAZN」とも提携するなど、動画サービスを強化してきた。今回、世界中の老若男女にファンがいるディズニーと組むことで、サービスの厚みが格段に増すことになった。

   ライバル陣営も手を打っている。KDDIは、米動画配信大手Netflixと提携し、動画視聴と通信料がセットになった割安プランを提供している。ソフトバンクはYouTubeやAbemaTV、Hulu、LINEなどの動画、SNSのデータ通信が使い放題となる料金プラン「ウルトラギガモンスタープラス」を導入し、データ容量を気にすることなくストレスフリーで楽しめるとアピールする。

   2020年の商用化が見込まれる5G時代になれば、2時間映画が3秒でダウンロード可能になるとされる。動画の視聴環境は格段に向上するため、携帯各社は今のうちに人気のあるコンテンツをかき集め、関連サービスを充実させて、他社との差別化を図りたいと考えているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中