2019年 12月 11日 (水)

「来客にコーヒー提供」は「カフェハラ」? マナー講師の見解は...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「コーヒーを軽々しく勧めないで!」――。インターネットの投稿をめぐり、「カフェインハラスメント(カフェハラ)」がにわかに注目を集めている。

   打ち合わせの場でコーヒーを出されるのは許せないといった主張だが、なぜ不快に感じるのか。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

望むのは「カフェインコントロール社会」

   投稿は2019年3月20日、ブログサービス「はてな匿名ダイアリー」に寄せられた。

   「コーヒーを軽々しく勧めないで!『カフェハラ』ですよ」との題名通り、訪問先での打ち合わせでコーヒーを出すのは「カフェハラ」だと問題視している。

   投稿によれば、体質や健康面などからカフェインの摂取を控える人はいるにもかかわらず、問答無用で勧められると指摘。気心の知れた相手なら断ることもできるが、初対面であれば難しいとして「『アルハラ』(アルコールハラスメント)は社会問題として定着したが、『カフェハラ』は問題にもされていないのだ」と憤慨する。

   以上を踏まえ、(1)ノンカフェインまたは低カフェインの飲料を出してほしい(2)お湯を注いだカップにスティック状のコーヒーやお茶のティーパックを添えて、カフェインの有無を選択できるようしてほしい――と要望した。

   最後は「私が望むのは、カフェイン摂取をセルフコントロールできるような社会である」と締めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中