2019年 4月 23日 (火)

撮り鉄集団の前を車が通過、「早く行け」「死ねよゴミ!!」 「罵声動画」が物議

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「早く、早く行け!」「死ねゴミ!!」――。列車の写真撮影を趣味とする鉄道ファン(撮り鉄)の集団が、目の前を通行した車両に激しい罵声を浴びせる動画が、ネット上で物議を醸している。

   なぜ撮り鉄集団は激怒したのか。投稿された動画をみると、撮影スポットの前にある道を車が横切ったことで、目当ての列車の写真が撮れなかったらしい。その苛立ちを、車の運転手にぶつけているのだ。

  • 撮り鉄のマナー問われる動画が物議(画像はイメージ)
    撮り鉄のマナー問われる動画が物議(画像はイメージ)

「行け、行けよ早く行け!」

   現場となったのは、埼玉県の東大宮駅と蓮田駅の間にある列車撮影スポット。撮り鉄の「聖地」と呼ばれ、ファンの間では「ヒガハス」の愛称でも知られている。

   今回の騒動が起きたのは、2019年4月4日のこと。現場に居合わせた複数の目撃者が、その一部始終を撮影。ツイッターに動画がアップされたため、ネット上で大きな注目を集めることになった。

   動画を通じて、詳しい状況を見ていこう。

   まず、問題の撮り鉄集団は道路の脇に立って、目当ての列車を待っていた。位置関係としては、撮り鉄集団-道路-線路という順になる。どうやら、道路脇で咲く桜と列車を一緒に撮ろうとして、この位置でカメラを構えていたらしい。

   だが、彼らの目当ての列車が通過するその瞬間、目の前の道路を1台の車が走ってくる。当初は「車止めちゃえ、止めちゃえ」などと囁き合っていたが、徐々に近づいてくると急に慌て出し、

「止まっ、止まって!」
「ストップストップストップ!!!」

と大声で呼びかける。

   こうした彼らの要望も届かず、車は撮り鉄集団と列車の間を通過。先ほどの「止まって」の声が運転手に聞こえたのか、徐行するようなゆっくりとしたスピードだった。これに撮り鉄たちは、

「行け、行けよ早く行け!行けええええええ!!」
「オイ、死ねよゴミ!!オイ!!!」
「オオオオィ!オオオオィ!!」

などと絶叫。このように、車に向かって次々と激しい罵声を浴びせかけたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中