2019年 10月 19日 (土)

新5000円札は「ホリエモン」? 津田梅子にソックリと話題に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新5000円札の肖像画として使われると発表された教育家・津田梅子。政府が紙幣を一新するニュースが報じられた2019年4月9日未明から、とある写真に写った津田梅子の姿が、実業家の堀江貴文氏に「似ている」とする声がネット上で相次ぎ、話題となっている。

   ツイッター上では、2人の写真を並べて、「ホリエモンにしか見えない」などと指摘する声が寄せられた。

  • 津田梅子と堀江貴文氏
    津田梅子と堀江貴文氏

「ホリエモンに見えて困る」

   1864年生まれの津田梅子は、日本初の女子留学生として渡米。帰国後は女子英学塾(現在の津田塾大)を創立し、女子の専門教育に力を入れてきた人物として知られている。

   紙幣一新をめぐる報道がされると、ツイッター上では津田梅子の写真が出回り、堀江氏に似ているという趣旨のツイートも次々と投稿された。中には、ふたりの写真を並べ、

「5千円札は津田梅子になるらしいけど本気でホリエモンやと思った」
「どうしても新五千円札の津田梅子氏がホリエモンにしか見えないんや」
「新札の津田梅子さんがホリエモンに見えて困る」

と、「そっくりぶり」を指摘するユーザーもいた。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中