2019年 4月 23日 (火)

モンキー・パンチさん死去で、怪作「MUSASHI―GUN道―」もトレンド入りの珍事

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   漫画家のモンキー・パンチ(本名:加藤一彦)さんの訃報に、ネット上でも悲しみの声が広がっている。そんな中、モンキー・パンチさんがかかわった、ある作品がツイッターなどで話題に。

   その作品は、原作者として参加した「MUSASHI―GUN道―」だ。2006年にBS-i(現BS-TBS)などで、「ルパンIII世のモンキーパンチが12年の構想を経て完成させた時代劇アクションアニメ」(当時のニュース記事より)とのうたい文句で放映された。

  • AmazonのDVD販売ページ
    AmazonのDVD販売ページ

「うおっまぶしっ!」などがネットスラングに

   「豊臣幕府」が誕生したパラレルワールドの日本を舞台に、二刀流ならぬ二丁拳銃の達人・ミヤモトムサシらがバトルを繰り広げる活劇アニメ――というユニークな設定だったが、いざ放送が始まると、安定しない画風やぎこちない動き、つながりが不自然なカットなど、いわゆる「作画崩壊」が露呈する。

   製作体制のひっ迫という、やむにやまれぬ事情だったが、ネット上ではかえってその珍妙さを面白がられることに。ワンシーンを切り出し、編集したいわゆる「MAD動画」が相次いで投稿されたり、「うおっまぶしっ」「落ちながら戦ってる」といった作中のセリフがネットスラング化したりするなど、「GUN道現象」ともいうべき流行が生まれた。

   こうした話題性もあって、前半部分のみではあるが、急遽DVDも発売されることに。「封印」の2文字が大きくあしらわれたパッケージも、これまた話題を呼んだ。また、「ストーリー自体は面白い」と評する向きも少なくない。

   モンキー・パンチさんにとっては本意ではなかったかもしれないが、放送から13年が経った今も、ネット民には当時の盛り上がりを忘れられない人が多かったようだ。訃報(2019年4月17日公表)を受け、ツイッターには作品に言及する投稿が続出、代表作の「ルパン三世」などと並んで、「GUN道」がトレンドワードの上位20件にランクインする珍事となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中