2019年 5月 21日 (火)

なんと26人当選...「NHKから国民を守る党」拡大遂げる おひざ元・渋谷区にも議員誕生

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   2019年4月21日から22日にかけて開票された統一地方選の後半戦で、シングルイシュー(単一論点)を掲げる政党が異例の勢力拡大を遂げた。13年に設立の政治団体「NHKから国民を守る党」がそれで、「NHKにお金(受信料)を払わない方を全力で応援・サポートする政党(政治団体)」を掲げている。

   首都圏や関西のベッドタウンを中心に47人が立候補し、26人が当選。その中には、NHKの「おひざ元」ともいえる渋谷区議選で当選した人もいる。13人いる現職議員と合わせると、勢力は39人に拡大。7月の参院選で国政進出を目指す。

  • 「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表(2017年撮影)。統一地方選の後半戦では議席を伸ばした
    「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表(2017年撮影)。統一地方選の後半戦では議席を伸ばした

反NHK以外の論点は「羽田空港・新ルート反対です」だけ

   「NHKから国民を守る党」は、元NHK職員の立花孝志氏(51)が13年に立ち上げ、代表に就任。NHKの集金活動に悩む人に対して「NHK撃退シール」を配るなどの活動を展開している。立花氏は15年に千葉県船橋市議に当選し、市議を任期途中で辞任して16年に都知事選に出馬した際には、東京・渋谷のNHK放送センターで収録された政見放送で「NHKをぶっ壊す!」と連呼したことが話題になった。17年に葛飾区議に当選している。

   今回の統一地方選でも、訴えは「反NHK」一色といっていい。渋谷区議選で「NHKから国民を守る党」から出馬し、当選した元北海道テレビ(HTB)社員の金子快之(やすゆき)氏(45)の選挙公報では、自らのプロフィールや、党が「受信料不払いを勧める理由」5点、「受信料が納得できない」と題したコラムを掲載。NHK以外の論点は

「羽田空港・新ルート反対です ※うるさい選挙カーも使いません」

の1行だ。

   立花氏は今回の選挙戦の結果を受け、「7月の参議院選挙に挑戦する土台が出来ました」とツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中