2019年 11月 20日 (水)

読売テレビ問題、謝罪の出演陣に同情の声も 「止めるべき」反省に「難しかったと思います」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「違和感には気づいておりました」「今では後悔」

   一方、藤崎マーケットの田崎佑一さんは14日未明、

「ディレクターの指示の上やっていたとしても現場でロケ自体を止める事が出来たし止めるべきだったと反省しています」

とした上で、関係者や視聴者に「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

   同コンビのトキさんも、

「期待に応えようと張り切った事がスベった上に人を傷つけてしまいました。違和感には気づいておりましたのでその場でカンペに口出すか編集にも立ち会うかすべきだったと今では後悔しております」

とロケ中に抱いていた思いを吐露。問題のコーナーの休止が発表されたことを受け、

「レギュラーは無くなりますが、これからもtenをよろしくお願い致します。拾っていただいたステキな番組です」

とした上で、関係者に「迷惑かけてごめんなさい」とつづった。

   番組公式ツイッターも13日夕「取材に応じていただいた皆様にご迷惑をおかけしただけでなく、番組をごらんいただいている皆様に不快な思いを抱かせ、ご期待・信頼を裏切る内容となってしまいました」などとして謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中