2019年 11月 14日 (木)

読売テレビ問題、謝罪の出演陣に同情の声も 「止めるべき」反省に「難しかったと思います」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「直接の責任があるとは思いません」「判断力ないのでは?」

   出演者らの相次ぐ謝罪投稿には、ユーザーから

「メインMCの立場としては、難しかったと思います。また、前を向いて頑張っていきましょう」
「ああいった状況の中、独自の判断でスタッフの指示に刃向かい、ロケを止めることは立場を考えるとかなり難しかったと思います。おふたりに非がないと言えないことがとても辛いですが、いつまでも応援してます」
「放送をリアタイで見てましたが、藤崎マーケットのお二人に直接の責任があるとは思いません」

といった同情や激励の声が続々寄せられた。

   一方で、藤崎マーケットの投稿に「ディレクターの指示」「違和感には気づいていた」との前置きがあったことや、若一氏の指摘を受けた中谷アナのリアクションから、

「指示だとしてもあり得ないっしょ。判断力ないのでは?何の為芸人やってんの?」
「終わった事に止めるべきでしたとか言ってるのは後出しジャンケンと同じで無能な人間が言う事ですよ」
「あのような場面で若干笑顔でその場をやり過ごそうとした態度に、『えっ?無視?!』と突っ込んでしまいました」

と、なおも「落ち度」を指摘する向きは少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中