2019年 12月 8日 (日)

ユニクロ、「Tシャツグランプリ」受賞作を取り消し 「応募規約違反」を認定

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ユニクロは2019年5月23日までに、同社が主催するTシャツデザイン大会「UT GRAND PRIX 2019」のグランプリ受賞作品を取り消し、グランプリは該当なしにすると発表した。

   疑惑を受けているデザインは、中国人デザイナーのもの。ユニクロ広報は23日のJ-CASTニュースの取材に、「応募規約違反とし、本人納得の上取消しいたしました」と話した。

  • 取り消されたグランプリ作品
    取り消されたグランプリ作品
  • グランプリを取り消された作品と同じデザインのスマホケース
    グランプリを取り消された作品と同じデザインのスマホケース

応募規約には「既に市場に発売されている場合は商品化を取り消す」

   2005年にスタートし、今回で14回目をむかえる「UT GRAND PRIX」。年齢、性別、国籍等を問わず、誰もが参加できるTシャツデザインの大会だ。「ポケモン」をテーマとした今年は、過去最高の1万8000点を超えるTシャツデザインの応募が世界中からあったという。ユニクロは2019年5月20日、グランプリに中国人デザイナーによる「ギャラドス」と「コイキング」をモチーフとしたデザインを選出した。

   しかし、グランプリを受賞したデザインは中国のウェブショッピングサイトの淘宝網(タオバオワン)にて17年にTシャツとして商品化され、販売されていたと「NS新聞速報」というゲーム情報を主に発信する微博(ウェイボー、中国版ツイッター)アカウントなどが投稿。そのため、デザインが作品の応募規約に反しているのではないかという疑惑が出ていた。

   ユニクロの応募規約第3条を確認すると、「(3)ユニクロは、応募作品に類似した作品が既に市場に発表されている場合には、応募作品が応募者のオリジナルであるか否かを問わず、応募者に事前に通知を行うことなく入選及び商品化を取消すことがあります」とある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中