2019年 6月 24日 (月)

NGT卒業の長谷川玲奈 憧れの「声優転身」、先輩の道を追うか

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   2019年5月18日にNGT48の卒業公演を行った長谷川玲奈さんは、翌日ツイッターで卒業後の目標について語った。

「私は次の夢に向け頑張ることを決めました。それは、声優になることです。プロダクションのご指導の元、一から勉強し夢を実現出来るように覚悟を決め本気でがんばります。これからも応援よろしくお願い致します」

   NGT在籍時代の長谷川さんのキャッチコピーは「NGT48の唯一の野球少女!」。そんな長谷川さんが、次の進路に声優を選んだのは唐突ではなく、アイドルを目指した経緯や卒業公演でも、既に伏線が込められていた。

NGT卒業公演での長谷川玲奈さん(C)AKS
NGT卒業公演での長谷川玲奈さん(C)AKS

アイドルに興味を持ったきっかけは「AKB0048」

   生粋の新潟育ちで、男子に混じって野球部に所属していた長谷川さんと48グループを結びつけたのは、2012年から13年に放映されたアニメ「AKB0048」である。18年のウェブメディア「MELOS」におけるインタビュー記事でも、

「声に関する仕事に挑戦したいなと思っています。そもそも、私がアイドルに興味を持ったのは『AKB0048』というアニメがきっかけなんですね。だから、いつか声優としても活躍できたらいいなって」

とも語っている。

   「AKB0048」はAKB48を題材にしたアニメで、48グループのメンバーが主要キャラの声優を務めた。主題歌を歌う「NO NAME」はAKB・SKE・NMB・HKTから選ばれた9人の声優選抜メンバーによる音楽ユニットで、仲谷明香(さやか)さん・秦佐和子さん・佐藤亜美菜さんと、卒業後に声優に転身したメンバーが参加している。

   長谷川さんは卒業公演で、「AKB0048」のオープニング曲「希望について」と、エンディング曲「この涙を君に捧ぐ」も歌っていた。とりわけ「希望について」は長谷川さんのソロとして披露されている。卒業公演のセットリストに「NO NAME」の2曲が加わったのは長谷川さんの「AKB0048」への強い気持ちをうかがわせ、公演を見ていたファンも感慨深い様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中