2021年 4月 18日 (日)

ラグビーW杯、日本代表は8強に届くのか? レジェンド3人が読む「予選プール」の展開

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「最終戦にスコットランドがいるっていうのが、一番、面倒くさい」

   自国開催でのファンの応援、試合会場の環境を熟知、日程の幸運...。日本代表には、さまざまな追い風が吹くことになりそうだが、3氏とも「問題は最終戦のスコットランド」だという。

   坂田さんは、

「まず、ロシア戦。体も大きく、非常にタフな相手だが、現在の日本代表の実力を持ってすれば、よっぽど下手しないかぎりは大丈夫だろう」

と分析する。

   問題は第2戦目のアイルランドだが、世界ランキング3位。2015年の南ア(当時世界3位)戦の奇跡を再現したいところだが、事象が「奇跡」だっただけに、その再現となると、なかなか厳しいものがありそうだ。

   FWの核として活躍した坂田さんは、

「アイルランドのパターンにはまらないことが重要。相手は、FWでゴリゴリ来る。でも、そんなにトリッキーなことはしてこないチーム」

と話す。

   続くサモアも、格下とはいえ、個々のフィジカルや南半球独特の独創的なプレーは侮れない。だが3氏とも「2015年を経験し、選手の経験値も我々とは比較にならないほど持っている。普通にやれれば、問題ないだろう」。

   そして問題なのが、最終のスコットランド戦だ。スコットランドは9月22日(横浜国際総合競技場)で、アイルランドと対戦する。自力ではアイルランドが上。ここでスコットランドが敗れた場合、最終戦で「予選プール突破」をかけて、日本代表と対戦する...という構図が予想される。

   坂田さんは、

「最終戦にスコットランドがいるっていうのが、一番、面倒くさい。ここで『8強』が決まる公算が高いから」

   「番狂わせ」の少ないラグビーにおいて、日程や試合順は極めて重要である。今回のW杯では、それが日本代表にどう働くか。

   さて、W杯に向けて「ラグビー熱」が高まりつつある日本だが、気になるのは「その後」だ。最終回となる次回では、この問題を中心に3氏に語っていただく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中