2019年 10月 16日 (水)

潔癖症だけど「高級寿司ならOK」 カンニング竹山の「矛盾」、心理学博士の見解は

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お笑い芸人のカンニング竹山さんが「ワイドナショー」(フジテレビ系)で明かした潔癖症をめぐる「妙な基準」が話題だ。

   2019年6月9日の放送で竹山さんは、カニの食べ方の話題になった際に自らが潔癖症であると明かしつつ、「俺、潔癖だから、ババアがさわったカニ食いたくないっすね」とボソリ。カニといえば、店によっては店員が殻をむいてくれる店もあるため、それを念頭に置きつつ、そのような店でカニを食べることは出来ないと明かした。

  • カンニング竹山さん(2015年撮影)
    カンニング竹山さん(2015年撮影)

「寿司はね、難しいんですよ......」

   なかなかの潔癖症ぶりに出演者たちは、早速、竹山さんへの「攻撃」を開始。MCを務める東野幸治さんが、「オバハンも手洗うよ」と指摘すると、竹山さんは「綺麗(うんぬん)じゃなくて、おばさんがダメなんですよ」と譲らず。話題は膨らみ、パネリストの松本人志さん(55)が「じゃあ、握り寿司はあかんやん」と尋ねると、「寿司がね、またこれ難しいんですよ......高級店だったらOK」と、竹山さんは謎の回答。このため、松本さんが「お前、差別えぐいな!」と突っ込むと、竹山さんは「寿司は寿司だからいけるんですよ」と、同語反復ながら自説を曲げなかった。

   さらに、松本さんが、「じゃあ、若い子が(カニをむいたら)いいってこと?」と聞くと、竹山さんは「いや、それも違うんですよ」と、「ババア」だけでなく「若い女性でもダメ」との趣旨で応戦。このため、もはやどういう原理原則かは全く分からなくなり、話題は別のものに移行した。

   近年では、「他人が握ったおにぎりが食べられない」とする人も多く、そのことがネットニュースのテーマとなることもあるなど、根深い問題になりつつある「潔癖症」。しかし、その一方で、そのような人が同時に「バスタオルは1週間洗わなくても平気」な人であったりするなど、一貫性のない潔癖症であることは意外に多い。そこで、J-CASTニュース編集部は、そのような矛盾はなぜ起きるのか? そして、その矛盾から脱する方法について、経営コンサルタントで心理学博士の鈴木丈織氏に話を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中