2019年 7月 23日 (火)

「ハーフの子を産みたい方に」3年前の着物店ポスターが物議 ブログ削除し「真摯に受け止める」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・銀座にある着物店「銀座いせよし」が3年前にブログで紹介した店のポスターが不快だとツイッター上で物議を醸し、ブログが削除される騒ぎになっている。

   着物を貶めるようなキャッチコピーだとの批判もあり、店は、J-CASTニュースの取材に対し、「真摯に受け止めます」などとコメントした。

  • ポスター写真が載っていたブログの一部(現在は削除)
    ポスター写真が載っていたブログの一部(現在は削除)

「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる」

   ピンク色の着物を着た若い女性が、スクランブル交差点の横断歩道を1人渡っている。ポスターの1つは、そんな写真を大きく載せ、こんなコピーが書かれていた。

「ハーフの子を産みたい方に」

   これは、店のブログで2016年6月20日に投稿されたポスターの写真だ。

   ブログには、計5つのポスター写真が載っており、次のようなコピーのもあった。

「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる」
「着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる」

   これらのポスターは、コピーライターの女性が制作し、「東京コピーライターズクラブ」の16年度の新人賞に入選した作品だった。

   すでにブログ掲載からは3年が経っているが、19年6月18日ごろからツイッターで不快だなどと取り上げられ、翌19日になって、写真が次々に転載されて疑問や批判が相次ぐ炎上状態になった。

   「着物を着ると外国人男性や金持ち男性からナンパされるから良いよ!とでも主張したいのかな」「発想が気持ち悪い。着物着てる人に失礼」「そんな目的で着てるわけじゃない!!」「こんなのが入賞?! 広告業界、おかしすぎでは?」といった意見だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中