2019年 7月 23日 (火)

「医療や衛生関係は直してほしい」 仮放免から1週間、救急搬送問題のクルド人男性が会見

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   2019年3月に体調不良を訴えたにもかかわらず救急搬送されなかったとして注目を集めた、クルド人男性のチョラク・メメットさん(39)が、収容先の東京出入国在留管理局(旧東京入国管理局=東京入管、東京都港区)から6月17日に仮放免され、24日で1週間がたった。

   本人や妻、代理人弁護士らが同日、都内で記者会見を開いた。集まった報道陣に、メメットさんは「人間の扱いではない。医療や衛生関係はなおしてほしい。とてもつらい」と訴えた。

  • 質問に応じるメメットさん
    質問に応じるメメットさん
  • 会見で説明する大橋弁護士
    会見で説明する大橋弁護士

「病院に連れてってください」と伝えるも...

   メメットさんは19年3月、入管職員へ最初に体調不良を訴えた際、「信じていないみたいな態度」をとられたと振り返る。「死にそうです、病院に連れてってください」と伝えた際も、職員からは「まだ生きてるじゃないですか」「まだ死んでないじゃないですか」などの趣旨の言葉を言われたという。

   その後、家族らの要請により、3月12日夜に救急車が入管へ2回来た。メメットさんは当時を

「頭と心臓の痛みが同時に来て、立てない状態でした。(足は)震えていた。『担当さん、担当さん』と言っても誰も来てくれない。言っても(部屋が)カメラ付きだから、何かあったら行くという形でした」

と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中