2019年 7月 23日 (火)

「ついに教師が教え子を誘拐するまでに...」 群馬の女子中学生監禁、ショック広がる

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   群馬県内の私立中学校に通う2年生女子生徒が、担任教師の男(27)に自宅から連れ出され、監禁されるという事件が起きたと報じられ、ショックを受けたとの声がネット上で広がっている。

   逮捕された容疑者の男は、包丁を持っていたとされており、一体どんなトラブルがあったのだろうか。

  • 担任の男はなぜ女子生徒を監禁したのか(写真はイメージ)
    担任の男はなぜ女子生徒を監禁したのか(写真はイメージ)

窓ガラスを割って女子生徒を救出

   林道のような細い道に、ガラスの破片が散乱している。夜だと明かりもなく、真っ暗な中だ。群馬県警の捜査員が2019年6月25日夕に高崎市内の山林内の路上で男の車を見つけ、窓ガラスを割って女子生徒を助け出したとして、テレビがニュース映像を流した。

   各メディア報道などによると、この日13時ごろ、女子生徒の母親から「留守番しているはずの娘がいない。家の中が荒らされている」と110番通報があり、県警では、防犯カメラの映像などから男の車を特定し、緊急配備をした。

   山林内で車が見つかったときは、男は、女子生徒と後部座席におり、捜査員は、窓ガラスを割って、監禁の現行犯で男を逮捕した。男はそのとき、包丁を腹に突き立てており、軽いケガをした。

   女子生徒は、自宅から連れ出されるときに激しく抵抗したという。靴も履いていなかった。

   ニュースのコメント欄やツイッター上では、女子生徒が担任に監禁されていたことに驚く声が上がっている。「通ってる学校の教師が家まで押しかけてきて拉致るとか怖すぎるな」「ついに教師が教え子を誘拐するまでになったか」「かわいそうに。体だけでなく、心に深い傷をおったことだと思う」などと書き込まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中