2019年 7月 18日 (木)

日本旅行、就活生4万人にメール誤送信 選考受けてないのに「内々定」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   旅行会社大手の日本旅行(本社・東京都中央区)が2019年6月28日、新卒採用に関する「内々定」の通知を約4万人に誤送信していたことが、同社への取材で分かった。

   この内々定通知をめぐっては同日、選考を受けていないにもかかわらず送信されてきたとの報告がツイッター上で相次ぎ、困惑が広がっていた。

  • 実際に誤送信されてきた日本旅行のメール
    実際に誤送信されてきた日本旅行のメール
  • 「内々定通知」誤送信について日本旅行から届いたお詫びのメール
    「内々定通知」誤送信について日本旅行から届いたお詫びのメール

「採用を内々定いたしましたのでご通知いたします」

   ツイッターでは28日夕、「選考受けてないのに日本旅行から内定もらったんだけど?」「プレエントリーのみで正式に内々定いただきました。日本旅行」「エントリーすらしてない日本旅行から内定通知来たんだけど」などと同社の「内々定通知」に困惑する声が相次いだ。

   J-CASTニュースは実際のメールを就職活動中の大学生から入手。この学生はエントリーシートを出しておらず、採用マイページへの登録もしていないという。

   そのメールによると日本旅行は28日16時30分ごろ、「こんにちは、日本旅行の採用担当です。先日は弊社の最終選考にご参加をいただきありがとうございました。お電話でお伝えしました通り、○○○○(編注:実際は氏名)さんの採用を内々定いたしましたのでご通知いたします」との文面を送信。注意事項として内々定取り消し事由を記載し、今後の予定として内定式、内々定者懇親会の案内などを書いていた。

   その後、日本旅行は上記の内々定通知が「誤り」であることを伝えるメールを送信。採用担当から「本日16:30に配信させていただきました内々定に関するご連絡ですが、こちらの誤りでございます。詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます。この度はご迷惑、ご心配をおかけしまして大変申し訳ございませんでした」と送った。

宛先設定時の担当者の操作ミス

   日本旅行の広報担当は28日のJ-CASTニュースの取材に、「当社の採用担当者から内々定通知のメールを合格者向けに送信しようとしたところ、誤って4万人に送信してしまいました」と誤送信があったことを説明した。原因については確認中だが、宛先設定時の担当者の操作ミスであり、ヒューマンエラーであると見られる。

   4万人という数字については、「調査中ですが、当社は採用専用サイト様と提携しており、このサイトの登録者の方々か、日本旅行へのエントリー者の方々かと思われます」としている。ほぼ全員が2020年度入社での就職活動をしている人ということになる。

   お詫びのメールは17時10分ごろ送信したといい、「詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます」とあるように、同社は誤送信の原因などを調べた上で追って説明する予定だという。

   (追記:6月28日19時00分)日本旅行の広報担当によると、同社の実際の内々定者数は123人。内々定通知は順次送信していく予定だったと話している。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中