2019年 12月 7日 (土)

続々擁立の「れいわ新選組」 山本太郎代表が指摘する「日本の問題点」とは

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   政治団体「れいわ新選組」代表の山本太郎参院議員(44)は2019年6月27、28日、都内で記者会見を開き、今夏の参院選で、2人の候補者を擁立すると発表した。

   候補者は山本代表と、蓮池透氏に続き、それぞれ3人目と4人目。2人が出馬を決めた理由とは――。

安冨歩氏「政治の原則を変えないといけない」

出馬を表明する安冨氏(左)
出馬を表明する安冨氏(左)

   27日の会見では、東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩氏(56)が出馬を表明した。「女性装の教授」として知られている。安冨氏は50年にわたり、自分を「男性」と思ってきたが、ダイエットをきっかけに「女性もの」の服を着たことで、「無理をして男の服を着ていると気づいた」と振り返る。「これが私にとっては自然なので、こういう恰好をしている」。

   安冨氏は、現代社会を「豪華な地獄」とたとえ、「見た目はすばらしいが、息が詰まって苦しくてたまらない」。「豪華な地獄」とは「国民国家という名前のシステム」だといい、「機能しなくなり始めたのは、第一次世界大戦の時。そこから百年もたっているので完全に機能しなくなっている」と指摘する。一方で「政策をどうこうの段階ではもうないと考えていて、政治の原則を変えないといけない」とも主張した。

「『子どもを守ること』ということを政治の判断のすべての基礎に置く。『生きづらさ』から私たちの社会を解放し、現代の危機から私たちを救い出す唯一の道ではないか」(安冨氏)

   また安冨氏は、「投票しても何も変わらないように政治が作られている」とも指摘する。

「政治というシステム全体が機能しなくなりつつあるという恐怖感から、太郎さんは新しい希望を、何か開こうとしているんじゃないかという期待が集まっているんじゃないか」「今までの政治の外に新しい政治をつくることで、議会制民主主義を再生する力を(人々は山本氏に)期待しておられるんじゃないか。私自身もそういう力を感じたので、子どもを守ろうっていう政治の原則を訴えるのが、ここなら可能ではないかと思って、参加しました」(安冨氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中