2020年 9月 19日 (土)

太田光「ノーギャラで舞台に立つなんて恥」松本人志「伝わらへんかったかな...」 闇営業宮迫にそれぞれの見方

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   爆笑問題の太田光さんが、2019年6月30日に放送されたTBS系「サンデージャポン」で芸人の闇営業問題について持論を展開した。

  • 闇営業について語った太田光さん
    闇営業について語った太田光さん
  • 闇営業について語った太田光さん

宮迫へ「プロとしてノーギャラで舞台に立つなんて恥」

   同番組は、冒頭から芸人による闇営業問題を取り上げた。一連のVTRが流れた後に太田さんは、謹慎処分が下っている雨上がり決死隊の宮迫博之さんに対し、

「プロとして、ノーギャラで舞台に立つなんて恥(ギャラをもらっていないとおかしい)。ましてや、芸じゃなくて歌うたって...。アイツは中途半端。芸人が守るのは芸ですよ!」

とまくしたてた。

   一方で、明石家さんまさんがラジオで「(解雇されたカラテカの)入江(慎也)に頼まれたら、俺も絶対、行っていた」と話したことに対しては、

「さんまさんなら、金はもらっていないと思う」

と、さらに「独自の見解」を語る場面もあった。

   一方、ダウンタウンの松本人志さんは、同日同時間帯に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、所属する吉本興業から聴取を受けたことを明かした。

   松本さんは、

「僕も(吉本興業から)『松本さんは(闇営業)ないですよね』って言われましたよ。例えば(解雇されたカラテカ)入江の何かで頼まれたり...とか。1ミリもないな。コンパは3回ぐらい、してますけど。でも、入江が連れてくる女の子はブスばっかりなんで、何にもないです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中