2019年 8月 26日 (月)

ワサビ食べても「辛くない!」 谷まりあ、催眠術のかかり方が「放送事故級」と話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2019年6月30日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演した、モデルの谷まりあさん(23)について、「放送事故級だった!」と視聴者の間で話題だ。

   この日、番組では「出川哲朗ロケ100回威年2時間SP」と題し、これまでに出川哲朗さん(55)が行ってきた番組でのロケ107回について振り返りつつ、108回目のロケとして、これまでに思うように成果が上がらなかったという「催眠術」と「人間水切り」に再挑戦する様子を放送。「出川ガールズ」の河北麻友子さん(27)、堀田茜さん(26)、谷さんの3人を引き連れてアメリカでロケを敢行したが、視聴者が驚いたのは谷さんの催眠術への親和性の高さだった。

  • 谷まりあさん(2019年撮影)
    谷まりあさん(2019年撮影)

あっという間に両目が開かなくなる谷さん

   ロサンゼルスで行われた「催眠術」のコーナーでは、これまでにも番組で催眠術を披露してきた日本催眠術協会理事の川上剛史さんを招いて、出演者たちに催眠術をかけ、そのかかりやすさを検証。1人目として被験者となった谷さんだったが、川上さんが谷さんの顔に手をかざして「頭がボーッとしてきますよ」と言うなり、早くもまぶたが重くなり始める谷さん。「上のまぶたが重くなって...」ということばを浴びせられた瞬間には、完全に両目を閉じてしまっていた。

   「ヤバい! ホントに開かない!」とパニックになる谷さんを見た出川さん、河北さん、堀田さんは一様に「えー! ちょっと待って」「早い! 早い! 早い!」と驚きの表情。3人は催眠術には谷さん程の反応を示さなかったため、コーナーは谷さんを中心に回ることに。川上さんが、出川さんの腰に額をくっつけたくなるという催眠術を谷さんにかけると、谷さんは「ヤダヤダヤダヤダ」と嫌がりつつも、出川さんの腰にフラフラと引き寄せられ、背中を向ける出川さんの腰に貼り付いた。

   その「密着ぶり」はすさまじく、出川さんが歩き始めても額は離れることなく、谷さんもかがんだ姿勢で歩き始めた。さながらケンタウロスのような状態で、ロケ場所となった公園内を歩き回る2人。この様子を見た堀田さんと河北さんの口からは「さすがに嘘でやらないわ、あれは。今ので信じた!」「一体化してた!」との言葉が飛び出すほどだった。また、催眠術を解かれた後でも崩れ落ちつつ出川さんの腰を求めてフラフラと歩み寄る谷さんに対し、出川さんの口からは思わず、「怖いよ!」との声が漏れるほどだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中