2019年 10月 16日 (水)

「若い人は知らないと思うけど」「平成生まれは〇〇知らないでしょ」→これって、もしかして「ジェネハラ」ですか?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「平成生まれだったら、〇〇って知らないんじゃない?」
「若い人は知らないと思うけどさ...」

   ありとあらゆるハラスメントが問題視されている昨今、ひょっとしたら、こんなやりとりも「ジェネレーションギャップ・ハラスメント」、略して「ジェネハラ」につながるかもしれない――ギリギリ昭和生まれの筆者は、ふと気づいて背筋が凍った。

  • あなたもジェネハラ予備軍かも?
    あなたもジェネハラ予備軍かも?

「活字離れ」「ゴルフ離れ」「飲み会離れ」も同様

   そもそも「ハラスメント」とは何だろう。広辞苑第7版は「人を悩ますこと。地位や立場を利用した嫌がらせ」と定義している。日々のやりとりを「嫌がらせ」に感じるかどうかは、受ける側の判断にゆだねられる。相手が不快に感じれば、それはハラスメントに違いない。

   「最近の若い者は」とひとくくりにされたり、「活字離れ」「ゴルフ離れ」「飲み会離れ」などと言われたりした時に、差別とまでは思わないにせよ、若干カチンと感じたことはないだろうか。私なんかは、仮に上司から「最近の人たちは、クルマに興味ないよね」と言われても、「買う余力がないですからね。もっと手厚い支援をお願いします」などとあしらえるが、イラつきながら何も言えない人も多いだろう。

   ネットでは改元に前後して、生まれた元号をもとにしたハラスメントも話題になった。「昭和生まれだから」「平成生まれだから」と大雑把にまとめられ、「だからダメなんだ」と言い捨てられる。改元から2か月たって、元号ハラスメントは沈静化したようだが、世代間ギャップに苦しむ声は投稿され続けている。

   ジェネハラが怖いのは、一般的な「上から下へ」のパワーバランスに限らず、逆もまたしかりな所だ。若手からの「そんなのも知らないんですか?」「その考え方、時代に合わないですよ」といった突き上げも、年長者が「嫌だ」と思えば成立しうる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中