2019年 11月 13日 (水)

政党のツイッター広告、年齢ターゲティングめぐり議論 「出し分け」は「若者軽視」なのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   立憲民主党が「年金政策」に関するツイッター広告を「50歳以上」にしか表示されないようにしているとして、一般ユーザーから若者軽視ではないかという旨の指摘があがった。

   立憲民主党はこの投稿に反応し、同ツイッター広告の表示対象者を「泣く泣く絞っている」と理解を求めた。どういう意図で広告展開しているのか。党側に聞いた。

  • ツイッター広告をめぐって議論が起きた(写真はイメージです)
    ツイッター広告をめぐって議論が起きた(写真はイメージです)

「こちらの短いバージョンは18歳以上の方に広告として出しています」

   参院選投開票日が1週間後に迫った2019年7月14日。スパム防止のためとして100歳を超える高齢になるようツイッターアカウントの生年月日を設定しているというユーザーが、タイムラインに流れてきた立憲民主党のツイッター広告(プロモーションツイート)に疑念を示した。

   その広告では「蓄えがなくても安心できる年金制度を目指します」とする15秒ほどの動画が投稿されている。しかしツイッターの機能で「この広告が表示されている理由」を確認すると、「立憲民主党(りっけん)様がリーチするユーザーの年齢を50歳超、所在地を日本に設定しているために表示されています」と書かれていたとして、ユーザーはスクリーンショット画像をアップ。年金政策についての広告が50歳以上にしか表示されないことに「ホントクソかと 若者に年金払う気ねぇじゃん」と批判している。

   ツイッター広告は配信する対象を、地域や性別、ユーザーの興味関心などのほか、年齢でも絞り込むことができる。

   この投稿は既に削除されているが、15日昼までに3万8000回以上リツイートされるほど拡散。党への批判も寄せられた。

   そうした中で反応したのが、立憲民主党公式ツイッターだ。15日夕、

「テレビCMなんて夢のまた夢の予算で、Twitter広告の対象を、今まさに年金がもらえるか不安でいらっしゃるだろう世代に、泣く泣く絞っている現実があります」

と説明し、「もちろん年金は若者含め、どの世代にも大事な問題。立憲民主党は、すべての人が安心できる年金制度を構築します」と理解を求めた。

   また、「こちらの短いバージョンは18歳以上の方に広告として出しています。立憲民主党は、『蓄えがなくても安心できる年金制度』を目指します」として年金政策についての8秒の動画をアップ。若年層にも年金政策を訴えていることを伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中