2019年 9月 15日 (日)

日テレ・伊藤アナの「京アニ報道」に称賛の声 「アニメファンの総意」「プロを見た」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

視聴者「オタクでもあるけど報道する人としてプロだった」

   そして特にツイッターで注目をされたのは、続きの言葉だ。

「私がアニメファンだからとか、被害にあったのが京都アニメーションの方々だからとかいう話ではありません。世界中の方々を笑顔にしてきた人たちが、このような事件で命を落としたことに悔しさと、そして犯行を起こした男に強い憤りでいっぱいです。二度とこのようなことがないように、原因究明が求められます」

   この長尺のコメントに、多くのアニメファンが心を打たれている。

「多分世界中のアニメファンの総意だと思う」
「報道とバラエティーの混同著しい時代にプロを見た」
「個人の感情に惑わされることなくちゃんと1アナウンサーとしての憤りとしてレポートしてたの心にきた」
「今日の報道はオタクでもあるけど報道する人としてプロだった」
「京アニファン、アニメファンの気持ち代弁してくれた感じで泣いた」

   総務省消防庁の発表(第6報)によると、19日8時15分現在の被害状況は死者33人、重軽傷者36人。死者の数では、平成以降最悪の放火事件となった。英BBCや米CNN、中国、台湾などのメディアをはじめ、海外のメディアも大きく報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中